最近増えている珍しい依頼内容について

>

離婚条件の中に含まれていた事例もあります

企業スパイかどうかを判定する為

最近では優秀な人材を多く中途採用をして採用する企業も増えてきています。
即戦力となるべき人材の中には、時には他の企業と共謀して色んな情報を流す企業スパイも隠れているのです。

あまりにも優秀すぎる経歴や素行が少し怪しい感じがする人物に対して、採用する前に企業側が探偵に調査を依頼するケースも増えてきています。
何故なら、過去にも重要な機密事項や案件が知らない内に他の企業で採用されていた事もあった為です。

大手になると支社が全国にある事も珍しくありません。または、世界を舞台にしている企業も多いのです。
クリーンな企業経営の為や、更なる業績アップを図る為には時と場合によっては、人物を調べる事も必要になってくるのです。

内部調査を依頼する場合について

多くの企業が探偵を利用する事は昔からよくある事だそうです。
内部調査は、年々になって増えてきています。

重要な情報を他の企業に対してリークしていないか、勤務中にサボっている社員はいないかなど要注意人物を特定する為に利用するようです。
より良い経営をする為には、まずは内部からクリーンな状態にする必要があります。

特に、大企業であれば社員一人一人の行動まで把握する事はとても難しい事です。
社員の素行調査もする場合もあり、そのような時は昇進に相応しい人物か、大きな仕事を任せても大丈夫かなど調べるみたいです。

会社に対して大きなリスクやトラブルを招く事もあるので、疑う事は辛い事ですが、会社を存続させる為には必要な事かもしれません。


この記事をシェアする