最近増えている珍しい依頼内容について

>

結婚相手に相応しいかどうかを判断する為

対応を検討する事が出来ます!

度を越えたクレームや、執拗なクレームを企業に言って様々な謝礼やお詫びの品を騙し取る悪質な犯行に及ぶ人もいます。
近年になってマスコミでも取り上げられるようになったのですが、企業側でも調査をする事により何かあった時の切り札になります。

調査する内容は、主にそのクレーマーの素性、身元を特定する事から始まります。
多くの企業には、クレーム処理を専門とする部署やチームがあります。

特に、大手の企業になると多い傾向にあります。
迅速に対応する為には、その特徴や素性を把握して、一番合った方法で解決策を出す事です。

余りにも酷いと企業イメージにも大きな影響を及ぼしかねないからです。
最悪の場合には、警察の手を借りる事もあるみたいです。

生活状況の把握が重要です

どんな所に住んでいて、どこで働いているか近所住民との交流について他にも細かく把握する事が大切です。
最近のクレーマーは、ネットを中心とした攻撃をするようになりました。
その為、パソコン上の位置しか知らない事もあり、どんな人物なのかつかめない事もありトラブルに発展したケースもあるようです。

なので、居住地の特定や過去に同じようなクレームを企業に対して付けていないかまでありとあらゆる事を知る必要もあるのです。
過去に味を占めて何回も繰り返している場合も多い事から、色んな企業に対して行っている人もいるからです。

同じ職種の企業であれば情報を共有して対策を立てる事も出来るので、最近はクレーマーに対する調査が増えています。


この記事をシェアする